きのこの日々。

日々の記録です。

『君の名は。』を観た。

やっと観ました。

(以下、ややネタバレです。)

 

 

うーん、よかった

泣きそうでした。もっと思いっきり泣けばよかったなー。

 

感想は「美しかった!」と「出会えてよかった!」の二言に尽きます。

といえばかっこいいけど、単に語彙が貧弱なだけかな。

 

駅と電車の描写とか、きれいな空とか、ふたりがすれ違うシーンとか、『秒速5センチメートル』を思い出しながら観ていました。

 

すれ違って、ふりかえって、ちゃんと声をかけることができて、ほんとよかった。

泣き所だけど、ホッとした気持ちのほうが大きかったかなあ。

 

 

 

ここ最近、すごく無気力でしんどい状態でした。

映画一本観たからといって劇的に変わるわけではありませんが、気持ちが揺さぶられると、少し身動きがしやすくなるような気がします。

その仕組みは全然わからないし、どう作用するかもわかりませんが、自分を動かす一つのスイッチとして映画があることを忘れないでおこうと思います。

 

 

地震、心配です。

鳥取は我が家の出自のあるところで、親戚もたくさんいます。

これ以上何事もありませんように。