きのこの日々。

日々の記録です。

2016.09.15

中秋の名月ですね。うちからは曇り空から透けて、でもやっぱり力強い満月が見えました。みなさんのところからはどうでしたか?

 

岸本千佳さんの『もし京都が東京だったらマップ』を読みました。

もともとはブログで話題になったものみたいです。

もし京都が東京だったらマップ | 世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

 

僕もTwitterで流れてきたのを見て知っていて、すごくおもしろいなあと思っていたのですが、とうとう書籍化ということで早速買って読みました。

 

マップには僕の生まれ育ったところは載っていなくて、本になる時に追加されないかなあと少し期待していたのですが、残念ながらやっぱり載っていませんでした。

でも京都のいろんなところ、石畳と町家とお寺だけじゃなくて、下町っぽいところだったり、都会なところだったり、その多様さがすごく分かりやすくて、「あ〜、そうそう!」って何度も言いながら読みました。

「東京と比較する」ところがこの本の一番オリジナルなところで、ただ僕には東京の街のことが分からないから少しピンと来にくいところもあったけれど、比較するからこそ発見できること、分かること、伝わることがあるのですね。

用のあるところにしか行ったことがないけれど、ゆっくり東京散策もしてみたいなあって、それで僕の生まれ育った街に似たところも探してみたいなあって思いました。

もともとは農村で、その雰囲気がちょっとだけ残った住宅地で、地下鉄で中心部まで20〜30分で行けて、世界遺産の古いお寺と五重塔があって、ハイキングにぴったりの山とまたその上にもお寺があって。

もし東京だったら、どこなんでしょうね。

 

もし京都が東京だったらマップ (イースト新書Q)

もし京都が東京だったらマップ (イースト新書Q)

 

 

地理でも地図でも、街でも村でも、自然と人為がせめぎ合ってできたのだなあって、その「人となり」みたいなものを理解することは面白い。